デフォルト検索
  Google検索
  
  
  

   RSSリーダーで購読する
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

JUGEM

2004.10.03 Sunday

バリ島到着 (バリ島旅行記 vol.2)

徹夜で待ち合わせ場所の東京駅へ。

今回は弊社取締役でNo.2の金子(以下金子さんと呼びます)と
一緒にバリ島に向かいました。

発端は「海外リゾートにいってみたい」という私のひと言に、
小さい頃から海外に行きなれている金子さんが相談に乗ってく
れたことでした。

「海外のリゾート地でのんびりできるお勧めはどこですか?」
という問いに対して「バリ島のヌサドゥアという地域は現地人
が入れないようになっていてリゾート気分が味わえますよ」と
いうことで、バリ島に決定したのでした。

さて、成田からガルーダインドネシア航空を利用してバリ島へ
直行。機中ではずっと寝ていました(笑)。

あっという間にグラライ国際空港に到着。8時間弱ほどでつき
ました。日本とバリ島では時差が一時間あります。バリ島のほ
うが一時間遅いという具合です。

現地のガイドであるワヤンさんが待っていてくれて、すぐにヌ
サドゥア・ビーチホテルに向かいました。


●(17時50分)グラライ国際空港


前の人のチェックアウトが遅れたため、部屋がアップグレード
されたのがラッキーでした(笑)。

夕食は金子さんお勧めの「ブンブ・バリ(Bumbu Bali)」とい
うレストランへ。ヌサドゥアのちょうど北に位置し、タクシー
で10分もかかりませんでした。

このお店はバリ料理の第一人者が始めたお店で、バリ料理の有
名店の一つです。やはりせっかく着たのですから本格的なバリ
料理を堪能して帰らないと。

日本の焼鳥に似た「サテ」や「ナシゴレン」「ミーゴレン」
「ナシチャンプル」など、思いつくバリ料理を頼みまくったの
ですが「これ以上頼んだら二人では食べられませんよ」と店員
さんに言われてしまいました(笑)。

写真はバリ島のコーヒーで「バリコピ」といいます。バリコピ
は、バリ独特のコーヒーで、入れ方が一般的なコーヒーと全く
違い、パウダー状に近いくらい細かく挽かれたコーヒー豆をグ
ラスに入れて、直接湯を注ぎ、しばらく粉を沈ませてからその
まま飲むというもの。

実際に沈殿するまで待てる性分ではありませんので、すぐに口
をつけたのですが、口の中に粉が広がってざらざらしました(笑)。
もともとブラックで飲むことはあまりないのですが、せっかく
なのでそのまま飲んでました。


●(21時36分)バリコピです。