デフォルト検索
  Google検索
  
  
  

   RSSリーダーで購読する
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

JUGEM

2007.11.07 Wednesday

香港旅行・最終日(2007年11月4日)

香港旅行が充実したものとなったのは、まさしく石田聖一さんのおかげでした。その石田さん曰く、

「17年前から香港におりますが、悟ったことがございます。それは『はっきりいって、昼間の香港はビジネスとショッピングの街で、観光は夜だ!!』ということです」

その悟りをひらかれた石田さんによる香港ツアーは最高でした。短い滞在期間ではありましたが、「私の知りたいこと」を満たしてくださいました。ありがとうございました!!


今回、石田さんとは初めてお会いしたわけですが、なんと私が発行するプレジデントビジョンを初期(4年ほど前)から読んでくださっていたとのこと。待ち合わせには「赤い本を持った男を捜してください」とおっしゃられていましたが、香港の本屋さんで売られていた(!)私の『宇宙一愛される経営』を購入して読んでくださっていました。ありがたいことです。

石田さんの略歴を勝手に紹介しましょう(笑)。

1990〜1994 年に大手新聞社系保険代理店を本社とする保険ブローカー香港支社のマネージャーとして香港駐在し、香港内日系企業の営業をする。後に副代表となり、帰任する。
1998 年に再度来港し、新保険ブローカーの立ち上げに加わり、経営・営業に当たる。
また新たに香港の医療機関をネットワークし、保険付帯の医療キャッシュレスカードのサービス事業を展開する。
2000 年よりJapanese Trader Limited を立ち上げ、今日に至る。
2002年にJapanese Trader Limitedコンサルタント事業部を独立させてJ-Trader Consulting Co.を設立し、コンサルティング事業を本格化する。

========================
会社名 J-Trader Consulting Company (日華顧問公司)
住 所 UNIT B on 19TH FLOOR, PROSPEROUS COMMERCIAL BUILDING, 54 JARDINE’S BAZAAR,
CAUSEWAY BAY, HONG KONG
香港銅鑼灣渣甸街54號 富盛商業大廈19楼B 室
連絡先 Tel :(+852)2653-7341 Fax :(+852)2653-1655
========================

現在の石田さんのお仕事を簡単にいえば、香港・中国でビジネスをしたい日系企業の現地でのコンサルティングです。現地で法人を設立したり、会計・監査等のお仕事を引き受けたりしてくださいます。ご自身が現地で起業経験をもたれているので、経験豊かなんです。全方向的なコンサルティング(会社登記・オフィス立ち上げ・会計関連業務・秘書サービス・貿易業務代行・営業支援など)によるワンストップ完結型のサービス提供が可能であり、時には事業計画立案や営業代行などのサポートも行っておられるとのこと。

私が香港に来て驚いたことの一つに、みなさん「若い」ということ。
バスガイドの女性は49歳とおっしゃられていましたが、30代前半といっても十分に通用しますし、日本人である石田さんにしても、47歳には見えません。30代でも十分に通用します・・・というかそうとしか見えません。一体、この若さはなんなんでしょう(笑)。


あと、二日目のマカオは本当によい刺激になりました。
マカオはカジノで有名ですが、2006年にはカジノの売上高でラスベガスを抜いて世界一の座を獲得しています。

偶然にも日経ビジネス(2007年10月29日)で特集が組まれていましたので、その情報を元に少し説明しますと、私が度肝を抜かれた「ベネチアン・マカオ・リゾート・ホテル」は客室数3000室です。それに匹敵するホテルがマカオでどんどん築かれつつあります。今年の8月末にオープンしたベネチアンは開業一ヶ月で来客数が200万人を超えたそうで、これは、東京ディズニーランドをも上回る驚異的な集客力です。東京ドームよりも広い5万屬離ジノフロアを持ち、展示会施設は10万屐△修靴胴盖薀屮薀鵐匹勢ぞろいするショッピングモールも約10万屐国立代々木競技場第一体育館よりも大きい1万5000人を収容可能なアリーナ。これらがなんと一つの屋根の下にあるのです。

私はギャンブルはやりません(といって会社経営が最大のギャンブルみたいなものですが)ので、カジノでは何もしませんでしたが、そのカジノフロアの中心に立ったとき「今度は『宇宙一儲かる経営』を書かなきゃ」と真剣に思いましたね(笑)。もちろん、まだそれを書く資格がありませんから、今後の挑戦になります。

正確ではなくアバウトな数字ですが、日本の法人が税金で半分もっていかれるとして、香港・マカオでは約17%の税金で済むそうです。そのうえ、きくところによると相続税がないらしい・・・。(香港の法人税は17.5%で、個人所得税は最高16%、キャピタルゲイン課税なし、相続税なし、贈与税なし、だそうです)

桁外れの投資額によって、超高級ホテルやリゾートをつくるラスベガスマネーやチャイナマネーに日本が太刀打ちできるのか・・・。

日本での株式公開がほんとにちっちゃく見えました(涙)。実際、マカオのホテル投資額に比べたら、日本の株式公開で調達する金額なんて小銭レベルですからね。

と、嘆いていても仕方がありません(笑)。私たちの世代や後の世代はそれらの現実を受け入れて、一生懸命働く以外にはありません。


日本は進んでいると思っていたら大間違いで、局所的に見れば香港・マカオのほうが遥かに上を行っていました。その現実を目の当たりにできたことが、経営者としての収穫でした。

もちろん、香港・マカオにも問題点はたくさんあります。それを挙げればキリがありません。だからといって、至らない点を見て安心するのではなく、よい点を刺激として受け止め、今後の自分自身の糧にしようと思いました。



○最終日、私はのんびりと午後まで寝ていました。
ホテルのラウンジで記念撮影。


○金子さんたちは、最終日も朝から飲茶等、観光されていました。
ホテルのラウンジで同じく記念撮影。


○空港に向かうバスからの風景。巨大なビルがどんどん建っています。このビル一つだけでも日本にはない大きさ。


○また香港を訪れたときは、この風景が更に変わっていることでしょう。



私の海外旅行は2年前のイタリアぶりでした。その際にも、現地のプレジデントビジョンの読者の方たちといっしょに回らせていただきました。今回も石田聖一さんという素晴らしい先輩とご一緒できました。約4年間、コツコツと発行してきたメルマガのお陰で、日本の外でもこうしてお会いでき、数年来の友人であったかのように語り合えます(特に起業家物語を読んでくださっているとなおのこと)。

いずれ日本から世界にライブレボリューションが出て行ったとき、さらにたくさんの方とお会いできるかもしれません。そうなることは一つの楽しみでもあります。すべては自分次第!心を新たに仕事に取り組みたいと思います。

石田さん、この度はよい思い出をありがとうございます。日本にお越しの際にはぜひ、当社のオフィスにお立ち寄りくださいませ。